QOL

今更聞けない!殺菌と滅菌の違いをわかりやすく解説

手を除菌する

 

コロナウィルスの影響で除菌や殺菌・滅菌系の商品が大変需要高くなっていますね。

欲しくても買えない現状が続いておりますが、除菌・抗菌・殺菌・滅菌のそれぞれの違いをすぐに言えますか?

今回は、それぞれの違いを簡単に解説していますので購入する際に参考になるでしょう。

 

本記事の内容

  • 除菌
  • 抗菌
  • 殺菌
  • 滅菌

それぞれの違いを簡単に説明します。

 

除菌と抗菌の違いとは

除菌の様子

 

除菌:菌をその場所からのぞく(菌自体は死にません)

抗菌:現在ある菌をこれ以上増やさないようにする

 

あくまで増やさないようにしていることであって、菌を殺しているわけではない

 

除菌おすすめアイテム

かつ
手指からテーブルなど幅広く使用できるの点が良い
かつ
濃度70%以上ないと目的のウィルスは死滅しないというのは常識になってますね。
かつ
マスクの供給が追いついていない現状は「今あるマスク」を除菌して大切にしたいところ

 

殺菌と滅菌の違いとは

 

殺菌:菌をある程度殺す

これは除菌効果の無い物でテーブルを拭いたりした時に、除菌効果のある物で拭いた方が菌が減っている程度のことである

 

滅菌:菌を完全に殺す

 

殺菌おすすめアイテム

 

まとめ:用途に合った使い方をしましょう!

正しい除菌の選択

違い早見表

  • 殺菌、滅菌(菌を殺す)
  • 除菌、抗菌(菌を殺さない)

 

除菌・抗菌・殺菌・滅菌の違いを理解して用途に合った使い方をしましょう。

はっきり違いを知らなかった人も理解できたのではないでしょうか。

早く、通常通りに除菌・殺菌系のアイテムが買えるようになることを祈ります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-QOL

© 2020 katsu blog